痛風を吹きとばせ│様々な病気の治療紹介NAVI

医者

腹膜のがんになったら

医者

癌性腹膜炎は腹膜がんともよばれ、多くは腹腔や骨盤内にある臓器からの転移癌です。癌性腹膜炎が進んで腹水がたまると、様々な消化器や膀胱などでの症状がでてきます。診断では腹水穿刺による細胞診・腹腔鏡検査がおこなわれ、治療には全身の化学療法や腹水を除く緩和療法などが実施されます。

Read More...

最新の免疫療法でがん治療

病院

横浜クリニックでは、最新の免疫療法によるがん治療を行っています。がんの治療法の中でも、免疫療法は重い副作用の出ない治療法として注目されています。横浜クリニックの免疫治療は、従来の方法よりもさらに免疫細胞を活性化させるため、より高い効果が期待できます。

Read More...

身体の負担を減らす

女性

癌性腹膜炎は、がんの細胞が転移したことで起きるもので現在の治療法のほとんどが対処療法です。しかし、近年の治療法で注目されているものがNK細胞療法です。点滴だけで済むので、身体に大きな負担がありません。

Read More...

Associated Link

痛みの原因

医者

痛風は、現代成人病の一つで、風が吹くだけでも痛みを感じるということから痛風という名前がついています。夜中に痛みを感じるということが多く、関節が痛み出し、熱を伴って腫れ出します。ひどい痛みが特徴で、数日間で痛みは消えていきます。痛風は、早めにケアを行なうことが大切です。疑わしい症状は早めに治療して解決することで、痛みを軽減することができます。痛風の原因は尿酸です。尿酸が排出するよりも多くなってしまうと、血中の尿酸値が高くなり、結晶化してしまいます。病院では、痛みを和らげるような薬と発作を抑える薬などが処方され、尿酸値をコントロールしていきます。

痛風を悪化させないためには、普段の食生活に気を使うことが大切です。特にプリン体と呼ばれる成分を控えることで高い効果があります。プリン体は様々な食材に含まれています。特に気をつけるものがアルコールです。アルコールは肝臓で尿酸の生成を促すことから、痛風の発作が起こりやすくなります。痛風の人はアルコールの摂取を控えめにしていくことが大切です。また、水分をとって尿の量を増やすことも痛風の予防に効果的です。また、痛風を患っている人の中には糖尿病や高血圧のリスクを抱えている人もいます。生活習慣病の改善のための食生活は、痛風の治療にも効果があります。ビタミンCを含む食品を摂取することや、アルカリ度の高い食事などを意識することで痛風を予防することが可能です。栄養バランスなどを考えることで、痛風予防だけでなく、健康的な日々を過ごすことができます。