痛風を吹きとばせ│様々な病気の治療紹介NAVI

医者

身体の負担を減らす

女性

がんの中でも、癌性腹膜炎は他のがんが引き金となって起こる病気です。卵巣がんや胃がんなど、様々ながんの細胞が転移して起こるもので、腸閉塞や呼吸困難など様々な症状を引き起こします。癌性腹膜炎の治療は主に対処療法となります。水が溜まっているなどの症状では、その水を取り除くなどの治療が行われます。癌性腹膜炎の治療として、近年行なわれている治療法に、NK細胞療法というものがあります。NK細胞とは、ナチュラルキラー細胞とも呼ばれているもので、異物を攻撃するという性質があります。がんも攻撃することから、癌性腹膜炎の治療に効果的です。また、癌性腹膜炎だけでなく、がん治療としても高い効果があります。

NK細胞療法は、患者の負担が非常に少ないことから、安心して治療を受けることができます。点滴を30分程度行なうというだけなので、時間も短いです。また、手術や放射線治療は局部的に治療を行なっていくことがほとんどです。がんにピンポイントで焦点を当てて治療を行うのに足し、NK細胞療法は点滴で全身に対してアプローチしていきます。そのため、転移や潜伏している小さいがんにも効果があり、他の場所への転移が疑われるような場合でも治療を受けることができます。抗がん剤のように、大きな副作用が出ることもないので、治療を継続して行なうことができます。様々な治療法の中でも、身体に負担が少ない治療として多くの人に注目されています。非常に画期的な治療法です。