痛風を吹きとばせ│様々な病気の治療紹介NAVI

医者

腹膜のがんになったら

医者

腹膜は腹腔内にあって胃腸や肝臓などの消化器を包み骨盤内の膀胱や子宮などの泌尿生殖器と接している膜で、潤滑液を産生しています。癌性腹膜炎は腹膜で増殖するがんによる慢性の炎症で、腹膜がんともいいます。種類にはアスベストによってできる悪性中皮腫などの原発性のがんと、多くを占める腹腔内や骨盤内にある臓器のがんが散らばったり浸潤して広がる転移性のがんがあります。癌性腹膜炎が進んで腹水がたまると、食欲不振・吐き気・嘔吐・消化不良・腹部の不快感や膨満感・腹痛・便秘・下痢や頻尿などの症状がでます。子宮や腸にがんが広がって出血ががおこると、息切れなどの貧血症状もおこります。また体重減少または増加・発熱や血栓性静脈炎や腸閉塞による症状などがおこることもあります。

癌性腹膜炎の診断では、腹水穿刺による細胞診でがん細胞の種類を調べます。腹腔鏡検査では、腹膜がんの増殖を確認し生検による病理診断もおこなわれます。元のがんがどこにあるかを調べるための消化器バリウムX線検査や内視鏡検査・泌尿器科での膀胱の検査・婦人科での子宮や卵巣の検査や、コンピューター断層撮影法・核磁気共鳴画像法や超音波検査などによる画像診断もおこなわれます。癌性腹膜炎の治療は、原発がんの種類・大きさ・広がりや患者さんの年齢・健康状態によって決定されます。消化器癌由来の腹膜がんなどに対しては、全身の化学療法が実施されます。卵巣癌由来のがんに対しては、摘除手術と腹腔内に化学療法剤を投与する治療もおこなわれます。ほかに腹水を除くなどの緩和療法が実施されます。