痛風を吹きとばせ│様々な病気の治療紹介NAVI

医者

最新の免疫療法でがん治療

病院

がん治療の各方法と課題点

横浜クリニックでは、最新式のがん治療を行っています。がんの治療には手術・薬物療法(抗がん剤治療)・放射線療法などの種類があります。手術はある程度の体力を必要とし、また、手術によってがんの病巣を取り除くことができても、何年か後に再発する場合があります。抗がん剤治療はがんの種類により効果の出方も違いますが、副作用に苦しむ人が多いというデメリットがあります。放射線治療は重粒子線の研究・実用化が進んだことなどから近年特に注目されていますが、放射線は照射できる量に限りがあり、また抗がん剤と違って転移したがんには対応できないという課題があります。これらの治療法のほかに、重い副作用のない治療法として期待されているのが免疫療法です。横浜クリニックでは、新たな免疫療法に力を入れています。

免疫細胞をより活性化する

がんの免疫療法は、患者自身の体から取り出した免疫細胞を利用するという治療法です。横浜クリニックをはじめ、全国の病院で行われています。患者の体から取り出した免疫細胞は、培養されてさらに活性化され、増殖します。その免疫細胞を点滴や注射によって患者の体内に戻すと、活性化した免疫細胞ががん細胞を攻撃するのです。従来の免疫療法と異なり、横浜クリニックでは、より患者の体に優しい方法での免疫治療を行っています。今までの方法では体に少なからず負担がかかり、患者の体力をいっそう弱めてしまう危険性がありました。しかし、横浜クリニックが採用している免疫治療では、従来の方法より高レベルで免疫細胞を活性化することができるため、高い効果が期待できます。